視力が回復するサプリメントの成分について。どんな成分なら視力回復に効く?

ゼアキサンチンはルテインと同じような効果を果たします。

それもそのはずで、ルテインからゼアキサンチンが出来ていて、ルテインが体内でつくり変えられたものがゼアキサンチンになるのです。

そのためゼアキサンチンの効果はルテインととっても似ています。

目の疲れは目を10分間温めたり、目薬で癒やしたり、目をいつも以上に休めることで改善できますが、目に良いサプリでゼアキサンチンなどの栄養素を補給することでより効果的に眼精疲労を癒やすことができます。

ルイテインは水晶体や黄斑で役割を果たしていて、抗酸化作用によって老化を防ぐ効果やダメージを与える光から目を守る効果を発揮していますが、不足することでその効果は低下して白内障や加齢黄斑変性症への病気になることがあります。

スマホ老眼を防ぐには1時間で10分前後の休憩を入れるなどしてスマホをずっと見ないように注意したり、スマホを長い時間使う時も目から30センチ以上は離して近すぎる距離で見ないこと、スマホの画面を少し暗くして虹彩への負担を抑えるのも効果的です。

ドライアイの原因は眼精疲労、コンタクトレンズの悪影響、ストレスや疲労、スマホやパソコンのブルーライトによる影響など様々な原因によって引き起こされています。改善するには目を酷使しないこと、目の休憩を取ること、スマホなどの画面を見すぎないことが効果的ですが、これらに加えて眼精疲労に効くサプリメントの活用も有効な手段です。

目のかすみや眼精疲労の改善にはビルベリーやルテインが豊富に配合されたサプリメントが効果テキメンです。

ビルベリーやルテインの効果によって目の疲れやかすみ目が良くなるだけでなく、目の老化やスマホ老眼などの近代的な目の病気も予防することができます。スマホ老眼なるものは至近距離で画面を見つづけることで毛様体筋が疲弊して起こる不具合のようなものではありますが、毛様体筋を休めた状態でスマホやパソコンの画面を見れるように調整されたブルーライトメガネを使うとブルーライトメガネを用いるとスマホ老眼を防ぐことができます。またそれに加えてアイケアサプリも利用するのもスマホ老眼の予防にルテインはスマホやテレビからも発する目に有害な光から目を守るだけでなく、加齢で起こる老眼の状態を高い抗酸化作用によって和らげる効果も見込向ことができます。ビルベリーが眼に良いと言われていてるのは、目の健康に良いアントシアニンが沢山入っているからです。

最も有名なのはブルーベリーですが、ビルベリーの方が含有量が多いことから現在ではブルーベリーよりもビルベリーの方が人気となっています。視力の低下や眼精疲労、ドライアイもサプリメントでクロセチンやゼアキサンチン、アスタキサンチンなどの栄養素を補給することで治す効果を得ることができたりします。持ちろん、目に異変を感じた時は目医者さんに見てもらうことも大切です。アントシアニンが眼の疲れに効くとされるのは、眼に疲労が蓄積してきた時に働きが悪くなるロドプシンの働きを活性化する効果に期待できるからです。

だから現在では ブルーベリーではなく、アントシアニンが沢山入ったビルベリーが話題となっています。

スマートフォンやパソコンが発する光は目にとって有害な光です。しかしルテインは強すぎる光をうけ止めて目を守ってくれる効果を持っていたりします。

スマホ老眼は至近距離でスマホの画面を眺めつづけることで、老眼と同じように眼のピントを合わせられなくなることを言います。

大抵は一時的なものですが、その状態がつづくと老眼の症状のまま基に戻すことができなくなることもあります。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒視力回復 サプリメント ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です